• 八代北部浄化センターについて
  • 下水道の役割
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

施設のご案内

施設のご案内

八代北部浄化センターは、八代北部流域の下水処理を行っている公共施設です。
下水道の役割は、川や海をきれいにし街を清潔にすると共に、資源を再利用しさわやかな暮らしが出来るよう、24時間みなさまの生活環境をお守りしています。

八代北部浄化センターは、熊本県八代平野の北部に位置しています。
古くからの干拓事業が行われ、その区域は全国でも有数のい草生産などの農業地帯となっています。
また、平野に面した八代海(不知火海)は、その周囲を宇土半島や天草諸島に囲まれ、多くの景勝地や好漁場に恵まれています。
八代北部浄化センターは、氷川の河口近くに位置し、周辺はのどかな田園風景となっていて、はるか彼方を望むことができます。
また、快晴の日には長崎県の雲仙普賢岳を眺めることができます。

施設紹介

施設名
八代北部浄化センター
設立年月日
平成14年1月10日供用開始
施設所在地
熊本県八代市鏡町芝口11番551
主要施設と概要
終末処理場:(八代北部浄化センター)1箇所 4.2h
中継ポンプ場:1箇所
流量測定システム:3箇所
マンホールポンプ :(H21年度現在2箇所)
その他
幹線管渠:約15Km
全体計画処理面積:1,157ha
処理区域
宇城市(旧小川町)、八代市(旧千丁町・旧鏡町)、氷川町(旧竜北町)
指定管理者名
日本管財環境サービス、三協エンジニアリンググループ
指定期間
指定期間:平成21年4月1日から平成24年3月31日
adobepdfダウンロード
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader®が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。
ページの先頭に戻る